この時期の海で遊びたい気持ちでデイリー海の近くにいる

最近温かい日が行き渡るが海に間近いところにいるので海に入りたい気分になっておる。海水温は未だに小さいけれどこの時期の陽光がほんとに気持ちがいい。いよいよこの季節の陽光はいやに日焼け講じる。実際のその通りで太陽も6月に夏至をむかえる。なので自分にとってはこの時期の海が好きです。眼前が海なだけあって寝る時もはやりの音質が判る。周りに大きな幹線道がないので夜に海岸線をマラソンすると月に照らされた海を見ながら優雅にマラソンを楽しむことができたりも始める。一走りしてから静かに海を見ながら涼むこれが気持ちがいい。翌日は朝からサーフィンに出かけようかと思ったり講じるが、最近日本晴れのウエザーと大雨のウエザーの交互で何やらすばらしい様態が見つからない。大雨の翌日は水が濁っているので何となく加わる気になれない。あしたは誠に13日の金曜日だけど仮に海に入ったらウツボには気を付けよう。今日は都会めぐり生じるときははなはだ快晴でした。あしたもそう願おう。http://www.enziweb.com/

朝のテレビ小説というのは、NHKの朝ドラのことなので

また、半年に1回、朝ドラが終わり、新しいドラマが始まるという改編の時期がやってきた。仕事に行く関係で、毎日みるというわけにはいかないけれど、見られるときは、ストーリーの抜けたところを想像しつつも、見る生活が半年間続いたのだと思う。でも、たまたま見られる日に見る程度で、夜中とかにやっているダイジェストまでチェックをしている訳ではない。それでも、週に何回か見れば、だいたい、ストーリーの流れは追えるものだ。とか言いながら、いわゆる朝ドラがとりたてて面白いという訳ではない。他に見るドラマ、競合するドラマがない、というのと、1日15分間で、見やすいということもあろうかと思う。半年間は長丁場なので、途中で間延びというか、中だるみというか、そんな感じの時もあったりする。振り返れば、クドカン脚本の「あまちゃん」は、確かに面白かったし、他と比べようの無いドラマだったと思う。そういう例は、むしろ少数派であることも確かだ。それでも、朝ドラを見るというのは、それが、日課のようになっているからなのだろうと思う。キレイモ パックプラン