都会で生活でしてると自家用車は必要なのか

マイカーというのは、男にとって憧れの1つでもある。ベンツやBMWなど外国産の高級車などに乗るのは夢でもあろう。しかし、このようなクルマを都会のど真ん中で所有するのは現実的にどうなのだろうか。
都会と言っても様々であるが、地価が高い地域であれば車1台の駐車料金は50,000円をはるかに超える。50,000円と言えば、地方都市であれば、少し狭いがファミリー向けのアパートくらい借りれてしまう値段ではなかろうか。都会のど真ん中にある駐車場とは、そのくらい高額なのである。したがって、都会のど真ん中で車を所有するには、車種に関係なく非常にお金がかかるのだ。そのため、高級外車を所有するならば、その車両代金に加えて、高額な駐車料金や車両の維持費を支払えるほどの経済力が必要なのである。
私は、都会での生活だからこそ発想の転換をしてプチ贅沢を楽しんでいる。私は高級外車を維持する金も、高額な駐車料金を払うほどの余裕はない。しかし、マイカーを諦める代わりに生活費の中から50,000円ほどタクシー代に割り当てている。この様に割り切ってしまうと、タクシー代で50,000円を使うのは至難の技でもある。けっこう頻繁にタクシーに乗っても使いきれない。飲みに行ってもタクシーで帰る。買い物に行き、荷物が多い時もタクシー。こんな感じでタクシーを使うと、何だか運転手付きの生活を送っている様な気分になる。しかも、最近は携帯のアプリで指定の時間にピンポイントでタクシーを呼べる。本当に便利だ。ssc脱毛